スポンサードリンク
Home >> イタリア料理レシピ >> オイルサーディン

オイルサーディン










オイルサーディン



カタクチイワシを塩漬けにしたものを「アンチョビ」、油漬けにしたものを「オイルサーディン」といい、

イタリアやスペインではパンに挟んだり、ピザやパスタに用いたりして親しまれています。



日本でも缶詰や瓶詰めで売っていますが、新鮮なイワシが手に入ったら、

是非、ご家庭で手作りしてみてはどうでしょう?

そのままフィレをパスタにのせたり、ペーストにしてパンに塗っても栄養満点です。



オイルサーディン



◆材料(1回に作る適量)

・イワシ・・・5尾

・ニンニク・・・5?6片

・ローリエ・・・2枚

・タイム・・・大さじ1

・赤唐辛子・・・1本

・白粒コショウ・・・10粒ほど

・白ワイン・・・大さじ3

・オリーブオイル・・・適量

・レモン(輪切り)・・・1/2個分




◆作り方

1.イワシは頭とワタを取り除き、手開きして中骨を取ります。

*コツはしっかりとワタの周りの黒いところも取り除くこと。

臭みを消すためです。



2.粒コショウは軽くつぶしておきます。

ローリエは手でちぎります。

またニンニクは2片を包丁の背でつぶしておきます。

 
3.大き目のボールに水を張り、塩と白粒コショウ、ローリエ1枚、タイム、赤唐辛子、

ニンニク2片、白ワインを加え、1のイワシを加えて1時間漬けておきます。

*あとで塩抜きするので、ここでの塩加減は、多少強めです。



4. 1時間漬けておいたら、ハラスの骨を丁寧に取り除きましょう。

全部出来たら真水に約30分つけて、塩抜きします。



5.塩抜きが終わったら、キッチンペーパーで十分に水気をとります。

*このあと油で揚げ煮するので、水分があるとはねてしまいます。



6.皮をむきます。

尻尾から引っ張ると簡単にむけます!



7.鍋にイワシを重ならないように並べて、上までかぶるくらい油をそそぎます。

3の残りのローリエ、ニンニク、レモンの輪切りはこのときに加えます。



8.火をつけますが、火加減はごく弱火です。

小さなアワが出てくる程度です。

*火が強すぎると身がかたくなってしまいます。



9.約20分煮て、出来上がり!

*油につけたままなら、冷蔵庫で2週間はもちます。







「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:イタリア料理レシピ
Comment








Trackback

オイルサーディン | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい