スポンサードリンク
Home >> 男の料理レシピ >> ビーフステーキ
Page: 2/3  << >>

ビーフステーキ



ビーフステーキ





大きな肉にがっつりかぶりつく、これこそ男の料理かもしれません。

しかしそんなビーフステーキはごちそうの一皿で、家庭で上手に焼くのは難しいと思っていませんか?

それが意外と簡単レシピで手早くできて、ちゃんとおいしいのです。

ステーキの牛肉を選ぶときは、予算と好みに合わせて脂肪の多いサーロインや肩ロース、

脂肪の少ないフィレ、ランプ、内ももなど柔らかい部位を選びましょう。

では、男の料理「ビーフステーキ」の基本的なレシピを紹介します。



【材料2人分】

サーロインステーキ肉…2枚

、にんにく…1片

、クレソン…1束

、粒マスタード…適量

、塩…少々

、黒こしょう…少々

、サラダ油…大さじ1

、バター…大さじ1




【作り方】

1.牛肉は焼く10分ほど前に冷蔵庫から出し、筋切りをして塩、黒こしょうを全体にまんべんなく振ります。

 筋は赤身と脂身の間にあり、このまま焼くと縮みの原因になるほか、食べたときにも固く口に当たります。

 包丁の先で筋を何ヶ所か切っておきましょう。

2.フライパンにサラダ油、バターを熱し、薄切りにんにくを炒めて香りが油に移ったら取り出します。

3.続けてその熱いフライパンに肉を入れ、強めの中火で1?2分焼き、裏返して中火にして2?3分焼きます。

 レアがお好みなら強火で手早く、ウェルダンなら弱火でゆっくり焼きましょう。

4.肉が焼けたら食べやすく切ってお皿に盛り、2.のにんにくを散らし、クレソンと粒マスタードを添えます。




せっかくおいしく焼けたステーキも、冷たいお皿に乗せてはあっという間に冷めてしまいます。

盛り付ける器は熱湯を注いで温めておくのが、おいしくステーキをいただくポイントです。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!














shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> 筑前煮

筑前煮



筑前煮





煮物上手は料理上手、と言われますが、これは男の料理に関しても同じです。

食べるとほっとする煮物はおふくろの味の代表ですが、

男性だって煮物をおいしく作ることができたら、それに越したことはありません。

煮物は、これから男の料理に挑戦しようと思っている男性にも、ぜひトライしていただきたいレシピです。

煮物と言えば筑前煮、のレシピを紹介します。



【材料2人分】

鶏もも肉…1枚

、にんじん…1本

、ごぼう…15cm

、れんこん…5cm

、干しいたけ…4枚

、茹でたけのこ…100g

、里芋…4個

、こんにゃく…1/2枚

、煮汁

(干しいたけの戻し汁とだし汁…300ml、酒…大さじ3、砂糖…大さじ3、しょうゆ…大さじ3、みりん…大さじ3)

、絹さや…6枚

、酢

、塩

、サラダ油




【作り方】

1.にんじんは皮をむいて乱切り、ごぼうは水を流しながら

たわしで洗って5mm厚さの斜め切りにして水にさらします。

 れんこんは皮をむいて乱切りにし、酢水に5分ほどつけておきます。

 干しいたけは1カップの水で戻し、軸を切り大きいものは半分に切ります。(戻し汁は捨てないでください)

 たけのこは先端の4cmほどはくし形に切り、下の方はいちょう形に切ります。

 里芋は皮をむいて半分に切り、塩もみした後、水洗いします。

 こんにゃくは下茹でしたあと、手でちぎるか手綱こんにゃくにします。

 鶏肉は余分な脂肪を取り除き、一口大のそぎ切りにして塩少々を振っておきます。

2.鍋にサラダ油を熱し、中火にして鶏肉を皮目から入れて焼きます。

 余分な脂が出てきたら、ペーパータオルで拭き取ります。

 皮目が焼けたら、1.の野菜とこんにゃくを入れて炒めます。

 野菜の表面に炒めて火を通すことで煮崩れしにくくなります。

3.全体に油が回ったら、干しいたけの戻し汁とだし汁を合わせたものを加え、

煮立ったら丁寧にアクを取り除きます。

 酒、砂糖、しょうゆの順に調味料を加え、落し蓋をして弱めの中火で20分ほど煮ます。

4.絹さやは筋取りをして塩茹でにしておきます。

 3.の煮汁が1/3量くらいになったらみりんを加えて全体に混ぜ、強火にして照りを出します。

 器に盛ってから色よく絹さやを添えます。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!














shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> フライドポテト

フライドポテト



フライドポテト





フライドポテトはファーストフード店で食べるものだと思っていませんか?

確かにファーストフード店のフライドポテトは手軽でおいしく、

お店によって形や味が違うのもまた楽しみだったりします。

しかし、家で作る揚げたてのフライドポテトもあつあつほくほくでとてもおいしいものです。

友人が集まるパーティーなどでは大皿にドドーンと山盛り

ポテトを出して、男の料理の腕前を披露しましょう。

ここではシンプルな塩味のフライドポテトのレシピを紹介します。



【材料】

じゃが芋…2個

、塩…適量

、揚げ油




【作り方】
1.じゃが芋は皮をむき、7?8mm角の拍子木切りにします。

 水に5分ほどさらし、ざるに上げて水気を切り、さらにペーパータオルで水気を拭きます。

2.揚げ油を160℃に熱し、1.を入れます。

 少しずつ油の温度を上げ、竹串がスッと通るようになったらいったん取り出します。

 揚げ油の温度を180℃まで上げてじゃが芋を戻し、さっと色よく揚げ油をしっかりきります。

 少しおいて油が切れたら塩を振りますが、すぐに食べる場合は熱々に振ってください。




じゃが芋の切り方に変化をつけてもよいと思います。

例えば同じ拍子木切りでも細めにすればカリッと揚がりますし、

皮ごとくし形に切ってもワイルドで男の料理らしい感じがします。

ただ、太く切る場合は中まで火を通す間に焦げてしまわないよう注意が必要です。

低温でじっくり火を通したあと、高温で二度揚げすることで表面をカリッと仕上げたいですね。




男の料理は何も凝ったものばかりではありません。

このようなシンプルな料理だからこそ、しっかりとレシピの基本をマスターしておきたいものです。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!














shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> タコときゅうりの酢の物

タコときゅうりの酢の物



タコときゅうりの酢の物





男の料理のレシピを見ていると、ビールやお酒のおつまみになるようなレシピが多いですよね。

せっかく自分で作るのですから、自分の好きなものをおいしく作りたいものです。

男の料理に限らず、主婦の料理にしても自分がおいしいと

思える味に仕上げられるのが手料理のよいところです。

ここではタコときゅうりの酢の物のレシピを紹介しますが、

調味料の分量を調整して自分の好みの味に仕上げてくださいね。



【材料2人分】
ゆでダコの足…100g

、きゅうり…1本

、わかめ…20g

、二杯酢

(酢…大さじ1、薄口しょうゆ…大さじ1、だし汁…大さじ1)

、塩…適量




【作り方】

1.タコは熱湯にさっと通し、水気を切ってから薄いそぎ切りにする。

2.きゅうりは洗ってから塩少々を振り、まな板の上で転がして板ずりしてから水洗いし、薄切りにする。

 ボウルにきゅうりを入れ、ひたひたの水と塩少々を加えて混ぜ、

しばらくおいてきゅうりがしんなりしたら水気をぎゅっと絞ります。

3.わかめは塩を洗い流した後、たっぷりの水に入れて5分ほど戻します。

 わかめの固い部分を取り除き、食べやすい大きさに切り、かるく湯通しします。

4.ボウルに二杯酢の材料を合わせ、少量を取り分けておきます。

 そのボウルにタコ、きゅうり、わかめを入れ、二杯酢をかけて和えます。

5.4.の余分な水分を切りながら器に盛り、取り分けておいた二杯酢をかけます。

 このように、二度に分けて調味することで、味が引き締まってはっきりします。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!














shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> まぐろのお刺身

まぐろのお刺身



まぐろのお刺身





単身赴任中のお父さんは、買って来たお刺身をつまみに一人で晩酌を楽しむこともあるかもしれませんね。

お刺身パックからそのまま食べるのは手軽で洗い物も少なくて済みますが、どこか味気なく感じます。

普段から自分で作る男の料理を心がけている人なら、せめてスーパーのパックから家にあるお皿に移しましょう。

自分以外の誰かをもてなす場合には、さらにちょっと手間を掛けておいしく食べられる工夫をしましょう。

お酒に合うまぐろのお刺身は、盛り付け方ひとつで立派な男の料理となります。



お刺身自体の味は魚の種類や鮮度によりますので、特別なレシピはありません。

ここで紹介するレシピは、買って来たパックのお刺身を家で盛り付け直す時の一工夫を紹介します。



【材料】

まぐろの刺身…2人前(150g)

、塩蔵わかめ…10g

、青じそ…4枚

、おろしわさび…適量

、あれば穂じそ




【作り方】

1.お刺身についてく大根のツマは捨てずに活用しましょう。

 水で洗い、冷水に離してシャキッとさせ、よく水気を切ってから食べやすく切ります。

2.わかめは塩を洗い流し、さっと湯に通してから固い部分を除いて食べやすく切ります。

 青じそは洗って軸の先を切り取ります。

3.器の向こう側に1.のツマをこんもりと盛り、そこに青じそ1枚を立てかけます。

 もう1枚の青じそを敷いたところにまぐろのお刺身を盛り、

2.のわかめを添え、手前にわさびと穂じそを添えます。




まぐろがさくの場合は、表面の水気をペーパータオルで押さえるように拭き取り、

よく切れる包丁で引いて切り分けます。

平づくり、角切りなど食べやすく好みの大きさに切ってください。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> 手作りドレッシングで野菜サラダ

手作りドレッシングで野菜サラダ



手作りドレッシングで野菜サラダ





野菜サラダは数種類の野菜を切って盛ってドレッシングかマヨネーズをかければ出来上がりますが、

もし男の料理の腕前を見せたいのであれば、ドレッシングを手作りしてみませんか?

ここでは基本のフレンチドレッシングのレシピを紹介しますが、他に加えると

味の変化が楽しめる素材も紹介しますので、ぜひ一味違うあなたなりの男の料理に仕上げてくださいね。



【材料2人分】

レタス…大きめのもの2枚

、トマト…1個

、きゅうり…1本

、フレンチドレッシング

(酢…大さじ2、塩…小さじ1/3、こしょう…少々、サラダ油…大さじ4)




【作り方】

1.レタスは芯の付け根に包丁を入れて葉を必要な枚数だけはがし、水洗いして冷水にはなします。

 葉をシャキッとさせてから、手で一口大にちぎり、ざるに上げて水気を切ります。

2.トマトはくし形に切りますが、余裕があれば皮をむきましょう。

 基本的には湯むきをしますが、へたの部分にフォークをさして直接火に当てるという方法もあります。

 トマトをくるくる回しながら全体的に火を当て、皮がはじけてきたら水にとり、皮をむきます。

 これは湯むきに比べて手軽に皮がむける方法です。

3.きゅうりは皮を全部むくのではなく、縦に3ヶ所ほどをピーラーでむき、その後斜め切りにします。

4.小さめのボウルにドレッシングの材料を入れてよく混ぜます。

 混ぜる際は、サラダ油以外の材料を先に混ぜて塩を溶かしてから、最後に油を加えます。

 ふたのついたビンなどを使って振り混ぜると便利です。

5.野菜をよく冷やして水気を切り、彩りよく器に盛り、よく混ぜた4.のドレッシングをかけて和えます。




基本のフレンチドレッシングのレシピに加えると

一味違う味わいが楽しめる材料には、こんなものもあります。

プレーンヨーグルト、玉ねぎのみじん切り、角切りトマト、

粒マスタード、粉チーズ、マヨネーズ、刻んだパセリなどなど・・・

お好みに合わせてお試しください。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> ご飯の炊き方

ご飯の炊き方



ご飯の炊き方





ここまで来て「ご飯の炊き方!?」と思われてしまうかもしれませんが、

やはり日本人の主食である白いご飯をおいしく炊くことができなければ、男の料理も何も引き立ちません。

難しいレシピなどはありませんが、料理の基本である「ご飯の炊き方」をしっかりマスターしましょう。

料理初心者でこれから男の料理に挑戦しようと思っている男性は、まずここから始めてみてくださいね。

ちなみにご飯物のレシピに「米○合」と分量が示してありますが、この「合」は古い計量の単位です。

一般的な計量カップと炊飯用のカップは容量が違い、炊飯用カップは1杯で180mlになっています。

これらを混同しないように気をつけてください。



【材料】

米…3合

、水…620?650ml




【作り方】

1.米をボウル(または米とぎ用のボウル)に入れて水を注いでかき混ぜ、最初の水はすぐに捨てます。

 その後少量の水を注いで手のひらの付け根辺りできゅっきゅっと押しながら

米同士をこすり合わせるようにし、水を注いでざっと混ぜ水を捨てます。

 これを3?4回ほど繰り返しますが、水が完全に透明になるまで研がなくてもよいです。

2.最後はざるにあげ、30分ほど水を切っておきます。

3.炊飯器に2.の米を入れ、炊飯器の目盛を目安に水を注ぎ、スイッチを入れます。

 固さの好みや使い道によって水の量を加減してください。

4.蒸らしが終了し炊飯器の合図が鳴ったらふたを開け、底から返して混ぜ、

全体をほぐして余分な蒸気を逃がします。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> トマトソーススパゲティ

トマトソーススパゲティ



トマトソーススパゲティ





少し前、あるテレビ番組でホスト出身のイケメンタレントが男の料理を披露している場面がありました。

元ホストの彼はおしゃれなエプロンを着けてフライパンを

慣れた手つきで返しながら、おいしそうなパスタを作っていました。

男の料理は豪快で大雑把なものばかりではなく、

こんな繊細でしゃれたレシピもあるんだな、と感じた記憶があります。

せっかく料理をするなら、いろいろなジャンルのレシピをマスターできるといいですよね。

ここでは、パスタ料理でもベーシックなトマトソーススパゲティのレシピを紹介します。



【材料2人分】

スパゲティ…160g

、ホールトマト缶…1缶(400g)

、にんにく…1片

、玉ねぎ…1/2個

、ローリエ…1枚

、バジル…1枝

、オリーブ油…大さじ2

、塩…少々

、こしょう…少々




【作り方】

1.にんにく、玉ねぎをみじん切りにし、鍋にオリーブ油とにんにくを入れてから

火にかけて炒め、香りが出てきたら玉ねぎも加えて透明になるまで炒めます。

 そこへトマトの缶詰を手でつぶしながら加え、缶汁もすべて入れます。

 ローリエの葉も加えて15分ほど弱火で煮ます。

 焦げないよう、時々混ぜながら煮てください。

2.別の大きめの鍋にお湯をわかし、塩を加え(湯1リットルにつき塩小さじ2)

スパゲティを広げて入れ、再び煮立ったら中火にして表示の時間を目安にゆでます。

 このとき、麺を鍋に入れた直後に大きく一度混ぜて、麺同士がくっつくのを

防ぎますが、その後はかき混ぜない方がよいでしょう。

3.煮込んでおいた1.のトマトソースが半量ほどになったら、

塩コショウを少々加えて調味し、バジルの葉を摘んで加えます。

4.茹で上がったスパゲティの水気を切って3.に加え、全体にソースをよくからめてからお皿に盛り付けます。

 もしソースが煮詰まりすぎてしまったら、スパゲティの茹で汁を適宜加えてソースをのばします。

 茹で汁にはスパゲティのでんぷんが溶け出ていたり塩味もついていたりするので、ぜひ利用したいものです。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> じゃが芋と玉ねぎの味噌汁

じゃが芋と玉ねぎの味噌汁



じゃが芋と玉ねぎの味噌汁





料理は見たり聞いたりして頭で考えるよりも、まず自分で作ってみることです。

実際に作り、何度も経験を重ねることで、自然と料理が身につきます。

男性でこれから料理を始めようと思っている人も同じです。

男の料理と謳われている数々の凝ったレシピに挑戦することも目標のひとつとしては良いと思いますが、

やはり食卓に頻繁に上がる料理をマスターすることで腕もぐんと上がっていくと思います。

主婦の料理でも男の料理でも、日本人の食卓に欠かせない

「味噌汁」のレシピは基本中の基本といえるでしょう。



ここでは大体どこの家庭にも常備してある玉ねぎとじゃが芋を使った味噌汁のレシピを紹介します。

それ以外にも、豆腐、油揚げ、わかめ、ねぎ、大根、しめじ、小松菜などなど、

具のバラエティーや組み合わせは無限大です。



【材料2人分】

じゃが芋…1個

、玉ねぎ…1/2個

、だし汁…2と1/2カップ

、味噌…大さじ2

、あれば万能ねぎ




【作り方】

1.じゃが芋は皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにし、水にさらします。

 玉ねぎは縦に細切り、万能ねぎは小口切りにします。

2.鍋にだし汁と水気を切ったじゃが芋を入れて中火にかけ、煮立ったら少し火を弱めて2?3分煮ます。

 そこへ玉ねぎを加え、玉ねぎが透明になるまで煮ます。

 冷たいだし汁にじゃが芋を入れて煮ることで、くずれにくくなります。

3.具に火が通ったところで味噌漉しを使って味噌を溶き入れます。

 味噌を入れたら煮立たせずに火を止め、器に注ぎ分けて万能ねぎを散らします。




だし汁は昆布や鰹節、煮干などからとると本格的で上品な味になりますが、

手軽に粉末のだしの素を使ってもよいと思います。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
Home >> 男の料理レシピ >> カニチャーハン

カニチャーハン



カニチャーハン





普段ほとんど料理をしない男性に、何か作ったことがあるか尋ねると

「チャーハンくらいなら・・・」という返事が返ってくることがあります。

また「お父さんの作るチャーハンは絶品だ」という子どもの声を聞くこともあります。

チャーハンは男の料理の代表選手かもしれません。

チャーハンは力強くフライパンを返すことでパラリと

おいしく仕上がることからも、やはり男の料理と言えるでしょう。

数あるチャーハンレシピにこだわらず、家にあるものを具にしてササッと作れる手軽さが

チャーハンのよいところですが、ここではちょっと贅沢にかに缶を使ったレシピを紹介します。



【材料2人分】

ご飯…茶碗2杯分

、かに缶…正味80g

、卵…2個

、長ネギ…1/2本

、塩コショウ…少々

、しょうゆ…少々

、ごま油…少々

、サラダ油…大さじ2




【作り方】

1.長ネギは縦に切り目を入れてから、みじん切りにします。

 ご飯が冷たい場合は電子レンジで温めておきます。

2.フライパンにサラダ油を熱し、ほぐした卵を流しいれて大きく混ぜ、

卵がふんわりとなったら1.の温かいご飯を混ぜて強火でパラパラに炒めます。

 ご飯を加えたら木べらで軽くつぶすようにすると、自然にご飯がぱらりとほぐれます。

3.ご飯と卵が混ざったら、ほぐしたかに缶、1.の長ネギを加えて炒め合わせ、塩コショウを振ります。

 次にフライパンの鍋肌からしょうゆをたらし入れて、仕上げにごま油少々をたらします。




チャーハンは焦げ付きを恐れて弱火でじっくり炒めていると

べちゃっとなりますので、強火で一気に仕上げましょう。

またしょうゆを加えるとさらに焦げやすいので、最後は手早くフライパンを返します。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:男の料理レシピ
男の料理レシピ | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい